• 日々 - DAIRY

東三河の海岸線をなぞる

※この記事はnoteにて公開した記事の再編集版になります

「おひさしぶり、今日は快気祝いね」

9月のある土曜日のこと。怪我などの事情で半年近く引きこもっていたところ、友人が訪ねてきてくれた。共通の趣味の友人と会うのはいつぶりだろう。私もちょうど写真を撮りに出かけたいなと思っていたし、最近お熱なマンガの話なんかを語り合いたいと考えていたのでナイスタイミング。

すっかり秋めいてきたこの時期だからこそ、海へと繰り出したくなる。私は友人を東三河の海岸へと案内することにした。

伊古部海岸と砂丘

まずは友人が事前に気になると言っていた“表浜海岸”の一つ・豊橋市の伊古部海岸へと向かった。

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2

NHKの朝ドラ『エール』にも登場するというこの海岸。地元の人はもちろん、駐車場の車には他県のナンバーもちらほら。適切な距離感をもちながら遊びに来る人もいるようだ。

ようやく夏から秋へと季節が移ろうこの時期は、日差しも和らいでいて過ごしやすい。海辺だから風は強いが、波の音は穏やかな気持ちにさせてくれる。

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2

波を見るとつい立ち止まってしまうのは私も同じ。見つめる先には何もない水平線。そんな景色から海の広さ、世界の広さを再確認させられる気がするが、皆さんはいかが?

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
iPhone 11 Pro

「ここはウユニ塩湖か…?」

砂浜と波が作りだすリフレクションがとても美しい。こんな美しい場所が自分の住む街から1時間圏内にあったとは。自分が生まれ育った地域の観光地や景勝地に行ったことが無いという人は案外多いのではないか。かくいう私も典型的なソレだが、こうして地元のポテンシャルの高さを確認できたのは誘ってくれた友人のおかげである。

iPhone 11 Pro

さて、伊古部海岸を西へ西へと歩いていくと砂の山が現れた。鳥取に行かずとも、東三河で砂の山を見ることができるようだ。風という自然の力で作られた砂紋は非常に美しい。風が吹くたびにサラサラとした砂が模様を描いてゆく。

iPhone 11 Pro

いざ行かんと足を踏み出すも、靴は沈み、靴下の中にまで砂が侵入してくる。近くに落ちていた竹の棒を杖にして登ってみるけれど、負荷がかかって頂上に上り詰めた時にはゼェゼェと息も上がっていた。

iPhone 11 Pro

砂丘頂上からの景色。眺めが良く、登ってきた甲斐がある。本当に青い海と空が美しい場所だった。

伊良湖岬と灯台

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2

伊古部から海岸沿いをなぞるように車を1時間ほど走らせ、伊良湖岬へやってきた。よく東海地方の台風中継などで映る場所だ。せっかく海沿いに来たのだからと愛知の南の果てまで足を伸ばしてみた。

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2

「砂の色と質が違う」

伊古部海岸の砂は白に近く、サラサラだったことに対し、ここ伊良湖岬・恋路ヶ浜の砂は少し赤みがかっていて粒も大きい。地質学についてはまったくの無知だけど、こうやって色の違いに気付いてしまうとついつい気になって見てしまう。

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2

本日のフィナーレを飾るのは伊良湖岬灯台。何度来ては見ているこの灯台との景色が私はとても好き。

伊古部海岸とは違って、この岬からは対岸の陸が見える。愛知県の知多半島や三河湾に浮かぶ島々、それと三重県の伊勢・鳥羽。遠く感じていたものが目に見える距離にあるというのは不思議でもあり、「日本とは小さなものだな」と改めて世界の大きさに気づいたような感覚になる。

FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2
FUJIFILM GFX 50R
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2

久しぶりに一日中友人と海を巡り、純粋にシャッターを切って楽しむことができた気がする。おかげで今、落ちかけていたモチベーションも少しずつ持ち返してきた。1人で黙々と集中するのもいいけれど、やはり話をしながらの撮影も楽しいもんだ。

1日連れまわしてくれた友人に感謝。

Comment

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。