TAKE#5

初めての台湾旅行#1|七色の街、小籠包の夜【台北観光】

2018年9月のこと。幼馴染に誘われ、2泊3日の台湾旅行へ行ってきました。

という記事を前のブログで書いたのですが、その旅行から早半年。なぜだかいまだに台湾熱が冷めない。ここは時系列を無視して、今回は台湾旅行での思い出を振り返りつつ、今後の旅へのモチベーションを高めるべく、改めて記事書き綴ることにしました。この話見たことあるなぁと思う人もいるかと思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

——————–

旅のはじまりは関西空港で。

早朝からキャリーバッグとトートバッグを持って愛知から電車と新幹線を乗り継ぎ、大阪を目指した私。バッグにはFUJIFILM X-E2とFUJIFILM X-T2という2台のカメラに、レンズは35mm、50mm、18-55mmの3本を突っ込んでいたのでそこそこ重たかった。

途中京都で特急はるかに乗り換え、車内で幼馴染と合流。そのまま関西国際空港へと向かい、手続きを済ませました。気になる旅の予算は30,000円です。

搭乗ロビーから滑走路が見えると、旅へのワクワク感が高まります。

大阪13:10、台湾桃園国際空港に向け出発。

※この飛行機には搭乗していません。(こちらは韓国の大韓航空)

台湾までは片道3時間ほど。携帯で写真の編集をしたり、ガイドブックを眺めていると、あっという間に時間は過ぎていきます。

你好、台湾!

台湾は桃園国際空港に到着。時差は日本より1時間遅いため、日本時間で動いている自分の腕時計を見ると、「お前、タイムリープしてね?」という言葉が浮かんできます。

空港から台北市内までは桃園エアポートMRTという電車での移動です。乗車時には、”悠遊カード(Easy Card)”という、日本で言うSuicaなどの交通系ICカードを500元(1,800円くらい)で購入。100元がカード代で、400元がチャージされます。これで台北での電車移動は楽にできます。電車に乗り込み、目指す台北駅までは快速でだいたい30分くらいでした。

電車から見える景色は、日本とどこか違うものばかり。小高い山々の間に生える高いマンション群にかなり興奮気味だったので、写真を撮るのも忘れてしまいました。台北駅からは、MRT板南線に乗り換え、ホテル最寄りの忠興敦化駅へ向かいます。ユニクロやニトリなど日本でお馴染みのお店が立ち並んでいて、街の雰囲気的には名古屋の栄に何か似たものを感じました。(写真どころじゃないくらいキョロキョロしていたので撮ってません)

台湾料理に舌鼓

ホテルに着き、荷解きをしてから夕飯を求めて夜の台北市街へ繰り出します。持参したガイドブックに”口コミNo.1”と書かれていた小籠包のお店「濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)」にて夕食です。

頼んだメニューは、スタンダードな小籠包、蟹味噌小籠包、エビチリ、炒飯、餃子の5品。

小籠包は一口かじれば中からスープが溢れ出ます。こってりしすぎない感じが、最高に美味い。

蟹味噌小籠包は味噌風味と中のスープが濃厚で最高に美味い。

(スタンダードな小籠包との違いはてっぺんが少し黄色くなっているところ)

エビチリのエビはプリッとしていて、下の豆苗も味付けは語彙力が(いい意味で)低くなるほど最高に美味い。

炒飯だって最高にうま…(省略)。

箸が止まらぬ美味しさで、どれもわりとボリュームがあったのお腹はパンパン。注文しすぎに注意です(笑)

夜の街を散策します。

ご飯の後は駅に向かいつつ、夜の街をふらふらと散策です。

「富士フイルム」の名前を発見!どうやら写真屋さんのようですね。思わずシャッターを切ってしまいます。

日本とは違う一面を見つけては「ああ、今自分がいるところは日本じゃないんだなあ」と海外に来ていることを実感するのです。

そして台湾は原付がめちゃくちゃ多い。2人乗りの原付を街中で見かけます。乗っている人も、路駐してある台数も日本以上。信号が赤から青に変わった瞬間、一斉に動き出す様はさながらレースのよう。

台湾といったら夜市

小籠包たちをたらふく食べておきながら次に向かったのは士林(シーリン)夜市。夜市は日本の夜店みたいなもの。

お腹空いたらなにかしら買って食べてみようとしてましたが、胃の小籠包たちの存在感は凄まじい…。魯肉飯が食べたい!と意気込んでたけど、結局食べずにのんびり歩いて夜市を散策です。

観光客で賑わう19時ごろの様子。色んな国の観光客がたくさん来ます。もちろんちらほらと日本語も聞こえてきました。

1日目はこの辺りでおしまい。初日ということで移動に疲れてしまい、ホテルに戻ってすぐ就寝しました。

次回、2日目へと続きます。